新角屋で食べるきしころ(きしころスタンプラリー2016)

2016年8月某日。

8月31日で終わってしまいましたが「第2回きしころスタンプラリー」参加店舗を食べ歩いた記録をつらつらと。

この日は東区は筒井商店街にある「朝日屋」さんへ行くも、扉を開けると待ちが少なく数えても6名。お店の方も入店に気が付かないくらいにてんてこ舞い。こりゃ日を改めたほうがいいなあと思い、いったん外に出る。時刻は14時過ぎ、昼時間もそろそろ終わってるお店も多いなぁ。さてどうしよう。

スタンプラリーの用紙を眺めながら、住所が近そうなお店を探していると、新角屋さんが通し営業でやっているじゃないか!と言うことで、今回は代官町にある「新角屋」さんへ。

IMG_20160823_170556

外からでも年季の入ったお店だなと分かる外観。ガラガラと戸を開けるとちょうどお昼時が終わったのか先客はゼロ。厨房からお母さんくらいの年齢の女性が「いらっしゃいませ」と声をかけてくださいました。静かなでどこか穏やかな空気がお店に流れています。

IMG_20160823_170652

カウンター4席、テーブル4x4、小上がり4x3のこじんまりしたお店はいかにも老舗の麺類食堂といった趣。古めかしい家屋に出汁の香りがしみついたような、麺類食堂独特の鼻につく臭いはどこか懐かしさすら感じます。

初入店ということで今回はシンプルな一品を。スタンプラリー推奨メニューの「きしころ」を注文しました。お母さんがすぐに察してくださり「あ、スタンプ先に押しておこうか」と声をかけてくださり、用紙を渡して、ハンコをついて、すぐに返してくださいました。お手間をおかけいたします。

返してくださったあとで、この前「摩留喜屋」さんで言われたのと同じようなことを。「あのね、これ、うちで9店舗目なんだけど、5店舗目の時に商品券もらえなかったの?」「いや、こちらで申告しなかったのでもらえなかったんですよ。知らなくって」「ああ、それじゃ商品券うちから出しとくね」

スタンプラリーは5店舗達成ごとに商品券がもらえるようです。500円分の商品券をいただきました。お母さん、ありがとう。「あのね、今日は使えないけど、明日以降なら使えるからね。あとね、紙に書いてあるお店ならどこでも使えるからね。使ってちょうだいね」

いやいや、この商品券は新角屋さんで使わせてもらうことにしよう。

IMG_20160823_170709

お店のお母さんの趣味なのかな、店内のあちこちに観葉植物の植木が置かれています。そういえば僕の母も庭に沢山の植木鉢で花の世話をしていたなぁ。パンジーやあじさい、マリーゴールドなんかが好きだったっけ。この夏もまたベランダでゴーヤを作っているのかな、そろそろ実家へ帰ってあげないと。窓から差し込んでくる日の光が心地よくてずっと見ていられそうです。

店内をぼんやり眺めていると、厨房から水が勢いよく流れる音が聞こえてきました。水の音はしばらく続きます。うんうん、きっと茹でた麺を水で〆てくださっているのでしょう。注文したのは一杯のきしころだけですが、丁寧に丁寧に作ってくださっているのが、厨房の音からもすぐに分かります。わずか数百円の品でも手間をかけてきちんと作ってくださることがもう嬉しくて嬉しくて。15分ほどで到着、待ち時間なんて気になるわけがないでしょう。

IMG_20160823_170851

新角屋のきしころ420円。ネギ、油揚げ、カイワレ大根、そして花かつおのシンプルな構成。見た目からぬるいんじゃなくて冷たい麺とお汁だなとすぐにわかります。

IMG_20160823_171217

幅がふぞろいで見た目にも手作り感のある麺はひらひらとしており、少しだけごつごつした表面は、吹上にある「梅その」さんにも少し近いものを感じます。あちらよりももっと薄くて向こう側が透けるようなところもちらほら。

すすりあげると甘みを感じない僕の大好きな味の出汁がよく絡んで口の中へ入っていきます。ひとくち目から、この「大好きな味」に完全ロックオン。無我夢中で食べ進めます。

花かつおのせいか、塩気が強く感じるのもいいですねぇ。真夏のお昼、塩分補給にもちょうどいい塩梅。お汁の冷たさもあいまってか、一気に完食。

お店を出るまでお客は僕一人でしたが、静かで穏やかな空気の流れる中、たまらなく好みの一杯を食べられて幸せです。気持ち大き目な声で「ごちそうさまでした」を言ってお店を後にしました。あ、しまった。「美味しかったです」言い忘れたな。また行かないといけないな。

お店の雰囲気と料理の味、自分の気持ちが完全にリンクして、とても心地のいい時間を過ごすことができました。食べ歩いていると、何気なく入ったお店で、こういうことがたまにあるのが面白いですね。だとすれば、いつも自分の気持ちを良い方へ向けておければ、いつも心地よく過ごせるのかもしれませんねえ。

最後は自分事で言葉が着地してしまい、なんだか気持ちの悪いおっさんの戯言になりましたが、たべる劇場、本日はこの辺で。どうもごちそうさまでした!

以下、食べログ店舗情報です。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 高岳駅車道駅新栄町駅