太田屋本店(一宮市)で食べるうどん(味噌煮込みうどん?)

2016年7月末。

濃い濃い面子で敢行中の岐阜~一宮ツアー。面子は「うどんや太門」店主の衣笠さん、きしめん屋「三浦屋」店主の三浦さん、ブログ「yfc-korogi」のKorogiさん、麺界隈の重鎮アイロンさん、そして僕の5人。平均年齢40うん才。

予定があるのとのことでアイロンさんと別れ、4人で四軒目の「西村麺業」さんへ行き、その足で向かった最後の五軒目は一宮駅の方面へ戻ります。最後の砦は老舗のうどん店「太田屋」さんへ。

「みそ煮込みの原型があるらしい」「元祖【味噌煮込み】のお店」などと言うネットの情報のみだけで、一度行ってみたいと私がお願いして連れて行ってもらったお店です。

IMG_20160802_024909

繁華街の終点を少し過ぎ、住宅街に入り込んだ先のようなところにポツンと佇む「太田屋」さん。店構えが歴史を感じさせますね。ここでKorogiさんはお腹がいっぱいということで戦線離脱。周辺のお店の散策へ出かけたので、私と太門さんと三浦さんの3人へいざ入店。

昼過ぎと言ってももう15時を回ったくらいでしたので、先客はおひとり。お店の奥の厨房から顔を出すように「いらっしゃいませ!」と声をかけてくださいました。

IMG_20160802_025030

店内はいたるところで「和」を感じさせる内装、壁に掲げられた飾りや小物にも和のテイストを感じます。天井近くに飾られた象牙が存在感ありますね。テーブルは4人かけx3、小上がりも4人かけx3、テーブルと小上がりの間が少し広めにとられており、お店も雰囲気もあってか、どことなく落ち着いた静けさを感じます。

IMG_20160802_024937

興味をひかれたのはメニュー構成。季節限定として「ざるうどん」もあったのですが、基本的に「うどん」一本なんですね。あとはトッピングのみ。清い、清いですね~。そしてこの「うどん」というのが、なんと「みそ味のうどん」と言うのがこのお店の特徴でもあります。

ここへ来たら絶対「うどん」だろうということで、私と太門さんは「うどん」を、そして三浦さんはここへきて「重たいものはもう食べきれない」とのことで「ざるうどん」を注文。

注文時に「卵などはよかったですか?」と言われたのですが、今回はサイドメニューはいいかなということで、特に追加注文はせずにそのままうどんのみを注文しました。

お茶をいただきながら、待つこと約15分、このお店でしかいただけない「うどん」が到着。「ご飯はよかったですか?」と言われたのですが、ひとまずお断りしました。お店の方が「卵」や「ご飯」を積極的にすすめておられたのは、食べた直後に分かるのでした。

IMG_20160802_025131

これが太田屋の「うどん」750円。誰がどう見ても「みそ味のうどん」なのですが、こちらのお店はこれがデフォルトの「うどん」であります。丼の柄も相まってか、実に堂々とした、とても存在感のあるビジュアルです。麺は少し平打ちの細め、鶏肉、ネギ、かまぼこなどの具材は麺と一緒に煮詰められたような雰囲気です。

IMG_20160802_025235

味はかなり濃いめで煮詰めたような味わいの味噌が口を支配します。デフォだと少し味噌辛いでしょうか。表現は悪いのですが、味噌汁を煮詰めたような雰囲気で、出汁+味噌よりも濃い味噌汁の味わいを感じます。これはたしかにここでしか味わえないような一杯ですねえ。見た目以上に味も存在感があります。

お店の方が「卵」トッピングをすすめておられた意味が分かりましたし「ご飯」をすすめられた意味も分かりました。卵を入れてまろやかにしたほうが食べやすいでしょうし、味噌煮込みのようにおかず的感覚でご飯と一緒だと良く合いそうですね。食べ歩きも5軒目でしたので、さすがに今回は麺だけ精一杯でしたが、流儀に従わなかったのを少しばかり後悔。

IMG_20160802_025325

こちらは三浦さん注文のざるうどん。おそらく夏季限定と思われます。

味噌煮込みのような味わいのうどんを土鍋ではなく丼で提供するお店があるような話を聞いたことはありますが、こちらのお店のように味噌味のうどんを「うどん」と言うメニューで提供しているお店は全国でも数少ないのではないでしょうか。

太田屋さんの歴史やみそうどん=うどんとして提供するようになった経緯、そしていわゆる「みそ煮込みうどん」との関係や影響も気になるところではありますが、この日は五軒目で食べきるのが精いっぱい、しっかり堪能できなかったことに大変な申し訳なさも感じながらお店を後にしました。次回は「卵」に「もち」も入れてお店の流儀も堪能したいところです。どうもごちそうさまでした!

珍道中一軒目は角浅さん

角浅で食べる味噌ころゴン太(第2回きしころスタンプラリー)
2016年7月末。 きしころスタンプラリーに参戦中。ぼちぼち食べ歩いていますが、期限は8月31日までで参加店舗は25。この日までに行っ...

珍道中二軒目は大野屋さん

大野屋(一宮市)駄菓子屋で楽しむお好み焼きと焼きそばとかき氷
2016年7月末。 濃い濃い面子で敢行中の岐阜~一宮ツアー。面子は「うどんや太門」店主の衣笠さん、きしめん屋「三浦屋」店主の三浦さん、...

珍道中三軒目は大脇さん

大脇(一宮市)ノスタルジックな雰囲気に浸りながらの焼きそば・中華そば・雲吞麺
2016年7月末。 濃い濃い面子で敢行中の岐阜~一宮ツアー。面子は「うどんや太門」店主の衣笠さん、きしめん屋「三浦屋」店主の三浦さん、...

珍道中三軒目は西村麺業さん

西村麺業(一宮市)ヌードルスナックショップで楽しむ麺類あれこれ
2016年7月某日。 濃い濃い面子で敢行中の岐阜~一宮ツアー。面子は「うどんや太門」店主の衣笠さん、きしめん屋「三浦屋」店主の三浦さん...

そしてこの太田屋さんで今回の珍道中は終了です。ご同行してくださったみなさま、ありがとうございました!

以下、太田屋さんの食べログ店舗情報です。

関連ランキング:うどん | 尾張一宮駅名鉄一宮駅西一宮駅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする