めん処 三浦屋(東区古出来)で食べるきしめんとカツ丼

2016年9月某日。

日曜と祝日のお昼、近所のお店はお休みのことが多いので少しだけ憂鬱になります。おまけにあいにくの天気だと外へも出たくなくなるものですが、私たちがこうして休んでいる間も元気に営業してくださっているお店があることそのものがありがたくも感じるわけでして。

この日は祝日はお昼のみ営業のめん処 三浦屋さんへ。台風一過でそろそろ涼しくなってきたことですし、かねてから気になっていたアレをいただきに。外へ出たら雨が止んでいます。きしめんの神様、見ていてくださっていたのですね。

img_20160922_123319

古典落語「紺屋高尾」の舞台ではなくて、ここは東区古出来のめん処 三浦屋さん。白ベースに黒の文字、シンプルで清潔感のある暖簾をくぐると、入って右手の厨房から店主が元気よく「いらっしゃい!」と声をかけてくださいます。先客は2名。店主の三浦さんと少し話をしながらメニューへの視線がうろうろ。迷った挙句、きしめん並とカツ丼を注文。

img_20160922_124431

冷たいお茶をいただきながら、お店の奥にあるテレビをぼんやり眺め、疲れが抜けていないけだるさが逆に心地いいお昼のひと時。15分くらいして嬉しいことに注文の品が同時に到着。同時提供ってなんとなく嬉しいのです。

img_20160922_125506img_20160922_125535

カツ丼750円+きしめん550円。炭水化物過剰摂取、ヘビー級ランチの始まります。

img_20160922_125512img_20160922_125517

ちょっとパノラマ写真チックに。パソコンで見ないと意味が分からないかもですが。

img_20160922_125548img_20160922_125543

それぞれをメインに。写真はいいから早く喰えよ!はい、ご麺なさい。

まず到着してすぐに感じたのが、ぷんぷんと匂ってくるムロアジの出汁の香り。そうです、冒頭のアレとは、温かいきしめんのことなのでした。淡くてじんわりと旨いコロの出汁とは全く異なる表情を見せる、温かいきしめんを目の当たりにして、ちょっとした感動すら覚えます。冷たい出汁と温かい出汁は同じもののはずなんだけど、温度変化でこんなが顔が変わってくるだなんて!

この「温度変化の楽しさ」を初めて体験したのは千種区今池のうどん酒場「うどんや太門」さんでのこと。初めに肉うどんか何かを食べて、そのあとでコロを食べた時に、うわ!全然違う!と。違うものなのですか?と店主に質問したところ「いえ、同じ出汁を冷たくしているだけです」と教えてくださったときの驚きと発見ったらなかったのです。

以降、気になるお店では必ず温かいものとコロを食べるようにしてきましたが、三浦屋さんでもその楽しさを味わうことができてうれしさひとしお。おい、お前、温とコロ、一体どっちの顔が本物のおまえなんだ!え!おい。肘で体をつっついたりしてね。。おっさんの乳繰り合いはさておき、みなさんも好きになったうどん・きしめん店がありましたら、是非あたたかいかけと冷たいかけを食べ比べられることをお勧めいたします。

三浦屋さんのお汁は、醤油がとがらず、出汁の味がびっしびし感じる好みの味。温かいと香りがビュンと駆け上がり出汁の旨味が口いっぱいにやってきます。冷たいと飲んだ後口にじんわりと出汁の旨みが広がり良い意味で少しえぐみも楽しめます。

花かつおが散らしてあると、花かつおの香りと塩気が少し強くなることがあるんですが、それを覆いつくすような出汁の香りが味を感じるこのお汁、すごい存在感です。

img_20160922_125706img_20160922_130310

麺はきぬあかり100%。少しやらわかい印象がありましたが、しなやかでつるつるした麺は相変わらず。(出汁に興奮してしまい、麺の記憶があまりなくてご麺なさい)

肉厚のおあげにはしっかり出汁が染み込んでおり、噛めばじゅんわりと出汁よりも濃い味が口に広がります。かまぼこは名古屋独特の朱色かまぼこ、他には定番のほうれん草。出汁もトッピングもスタンダートなきしめんですが、しっかりと三浦屋さんの特徴を感じられる一杯に大満足。

カツ丼は少し半熟のところも見られます。少し甘めでどちらかというと優しい味付け。個人的にはもう少し濃いめの味でつゆも少な目が好みですが、小ぶりだけど分厚くて食べごたえのある三浦屋スタイルのトンカツがいい感じ。

麺をすすって、お汁をすすって、カツをかじって、飯をかきこんでもぐもぐ。の繰り返し。丼を近づけるたびに感じる出汁の香りにニンマリしながら一気に完食。

祝日とあってか、足元の悪い天気もなんのその、この日はあとからご家族連れがぞくぞく入店。帰るころには店内が賑やかになっていました。

出汁については、何度かお話を聞いているのですが、個人的に興味津々の話題ですので、きちんとした形でまとめられたらと思っています。機会を見つけて店主へインタビューしなくちゃ。今回もごちそうさまでした!

以前の三浦屋さん訪問記はこちら。

三浦屋で食べる天ころきしめん(第2回きしころスタンプラリー)
7月某日。 第2回きしころスタンプラリーのお店をぼちぼち食べ歩いています。 きしころスタンプラリーの公式ページはこちら。※公式W...
三浦屋で食べるきしころ定食
6月某日。 突然、無性に食べたくなる、あのお店のあの味ってありますか?それ、いくつありますか? それ、多ければ多いほど、多分に幸...

以下、食べログ店舗情報です。

関連ランキング:うどん | 森下駅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする