みそ煮込みの角丸で食べるきつねきしころ(きしころスタンプラリー2016)

2016年8月某日。

8月31日で終わってしまいましたが「第2回きしころスタンプラリー」参加店舗を食べ歩いた記録をつらつらと。

IMG_20160823_171943

前回の「新角屋」さんを後にして向かったのは東区泉の「角丸」さん。言わずと知れた、みそ煮込みうどんの有名店。暖簾にも「みそ煮込」の文字がしっかり刻まれています。

名古屋でみそ煮込みと言えば「山本屋本店」か「山本屋総本家」なのかもしれませんが、食べやすさなどからすれば、個人的には角丸さんのほうをオススメしたくはなります。ただ、今回はきしころスタンプラリーでお邪魔しているので、みそ煮込みの話題はまた別の機会に。

角丸さんは基本的に通し営業なのがありがたいです。(土曜日はお昼のみ)入店したのは15時前ですが、店内にはお客がちらほら。ランチタイムを過ぎたゆるやかな時間帯ではありますが、そこはやはり人気店、食べている最中もちょこちょこと絶え間なくお客がやってきます。

IMG_20160823_172300IMG_20160823_172317

夏季メニューとして、きしころメニューがフューチャーされてますね!スタンプラリー推奨メニューが分かりやすく表記されているのもありがたいです。念のためにみそ煮込みメニューも写真でアップしておきます。

お店は4人テーブルx4、座敷が5かな。有名店ですが、こじんまりしており、前後のテーブルの距離も少し近い印象。混雑時はもちろん相席になります。2階もあるようなのですが、客席なのかは不明。店内奥が厨房になっています。店主とはお店でお会いしたことがないのですが、いつも15時前後にお邪魔しているせいか、もしかしたらこの時間はいらっしゃらないことが多いのかもしれません。

スタンプラリー推奨メニューの「きつねきしころ」を注文。「おあげは飲み物」なんてコピーが入ったポスターを見てしまうと、一体どんなものがやってくるのか、ワクワクしているうちに注文の品が到着。

IMG_20160823_172335IMG_20160823_172510

角丸のきつねきしころ880円。存在感バツグンのおあげが目に飛び込んできます。でっけぇ、でっけぇなこりゃぁ。心の中で何度も何度も声に出るほどの存在感。主役は麺じゃなくてきつねじゃねえかってくらいにでっかいおかげが鎮座しています。そのほかはほうれん草にかまぼこ。朱色じゃなくて表面に焼き色のついたかまぼこは、きつねの色と合わせたのでしょうか。

IMG_20160823_172555

気になって気になって仕方がないので、麺の前におあげを先にいただきます。

ん!重たい!ヘビーウェイトフォックス!箸で持ち上げた時に重量感がすごいですね。しっかり油抜きをして、たっぷりとお出汁を吸わせているのでしょうか、とにかく重たいです。かぶりついた食感は油揚げというよりも厚揚げのような密度の濃さ、その中から少し甘めのお汁の味が口いっぱいに広がっていきます。これ一枚でお腹が膨れそうな食べごたえ。

お汁なんですが、僕の好みではない甘めの汁なんですが、この甘さが本当に絶妙にほんのりとした甘さでとても美味しい。甘いお汁って、どこか口や舌に甘みがずっと残る感覚があるのっですが、このお汁はそれが皆無。苦手なものがいっぺんに好きになってしまった、こりゃすごいですね。これだから食べ歩きや食べ比べは面白くて仕方がないです。すごい、参りました。(いや、別に勝負していたわけじゃないんですけどね)

IMG_20160823_172709

麺は気持ち幅が狭くて、食べやすくなっています。幅広麺も提供してらっしゃると聞いていたし、どこかで写真も見たのですが、今回のは幅が狭め。お店の方へ確認こそしなかったのですが、あれは特別バージョンなのかもしれませんね。

しっかりした麺は噛めば噛むほどに小麦の味が強く出てくるような旨味のある麺。きっとお汁の味の強さが控えめになっているので、その分おあげと麺の旨さが前に出てきているんじゃないでしょうか。

IMG_20160823_172844

食べている途中に麺の端っこらしき幅広の麺を発見。いやぁ、なんだか得した気分です。

おあげの存在感と麺の旨さ、それからお汁の絶妙な甘み、そして、嫌いな甘さも好きになり、なんだか狐に化かされたような、驚きと発見のある、とても満足度の高い一杯になりました。

他のきしめんメニューも気になりますので、また機会を見つけてお邪魔しよう。どうもごちそうさまでした!

以下、食べログ店舗情報です。

関連ランキング:うどん | 久屋大通駅高岳駅栄町駅