ひらのや赤塚本店で食べるえびおろしきしめん(第2回きしころスタンプラリー)

8月某日。

第2回きしころスタンプラリーに参戦中。参加資格は一切ありません。どなたでもご参加いただけます。もっと言うと参加表明すらいりません。参加店舗にあるスタンプ用紙を手に入れて、興味のあるお店へ是非お出かけください。8月31日まで開催中です。

公式ページではありませんが、こちらの説明が分かりやすいです。

「第2回 きしころスタンプラリー」のページです。季節の折々に行われる伝統ある祭りに加え、市民に定着しつつある新しい魅力を備えたイベントなど、名古屋では様々なイベントが開催されています。ぜひ名古屋のイベントを体感してください。

8件目は名古屋市東区赤塚にある「ひらのや赤塚本店」さん。創業は昭和八年。外観は思いのほかスタイリッシュで少しお高めの和食店を思わせます。

IMG_20160808_124132

落ち着いた雰囲気の店内ではすでに年配のグループやおひとりさまが食事を楽しんでおられます。テーブルは4、座敷が4ほどでしょうか。7人ほど座れるおひとりさま向けのカウンターテーブルに席を通されます。テーブル席はちょっとした仕切りもあるので、おとなりを気にすることなく、落ち着いて食事を楽しめそうです。

スタンプラリー推奨メニューの「勝おろしきしめん」を注文すると、お店のお姉さんがしばらく沈黙。何か言い間違えたかなと思っていたら、スタンプ用紙のメニューを指さして、「あのね、今日はえびおろしきしめんが880円でお値打ちなんだけど、どうしてもカツ食べたい?」何か特別な日なのかな?こちらが?って顔をしたら、お姉さん「毎月8日はなごやめしの日ってのがあって、えびおろしきしめんが880円なの」なるほど。お姉さんからの思わぬ提案に感謝しつつ、せっかくなのでと「えびおろしきしめん」を注文。

豚カツがすごく食べたかったのは内緒にしておきました。

席に着いたのは11時40分くらいだったかな。あとからあとからどんどんお客が入ってきます。おひとりさまやサラリーマンのグループ、ご家族連れ、地元の人気店なんですね。小さなお客さま、店内にこだまするような大きな声で「すいませーん、唐揚げもひとつくださーい!」坊ちゃん、唐揚げが好きなんだね。おじさんも大好きなんだよ。

カウンターテーブルに備え付けのテレビにも電源が入り、サッカーの中継が映される。ふたつとなりのお母さん、時折声をあげながら観戦。賑やかなお昼の様子を楽しんでいると時間なんてあっという間、注文した品が到着。

IMG_20160808_124439IMG_20160808_124741

えびおろしきしめん880円。きゅうりの演出でしょうか、なんとも涼しさを感じる盛り付けです。大きな平皿に盛られたきしめんの上にはえび、かぼちゃ、さつまいも、ししとうの天ぷら、海苔にネギに大根おろし、これはいろいろな味を楽しめそうですねえ。

徳利に入ったお汁をたっぷりかけて、大根おろしとネギをからめながら、いただきます。

IMG_20160808_125124

しなやかながら噛みごたえもきちんと感じる、とても食べやすさを感じる麺です。お汁は濃い目、賑やかな盛り付けにテンションあがってしまい、うっかり全部かけてしまいましたが、結構辛くなるので、少しずつ入れて味を調整しながら楽しまれることをオススメいたします。

天ぷらが多いので胃が重たく感じるかなと思ったのですが、きゅうりが箸休めとしてのとてもいい仕事。そして、えびの天ぷらだけ衣に味がついており、カリっとした食感になっています。細やかな仕事で最後まで飽きることなく楽しめますねえ。もりもり食べ進めて、あっという間に完食。

時刻は12時少し前。もう一件ハシゴしたかったのと、そろそろお昼のピークになりそうでしたので、早めに会計を済ませ、お店をあとにしました。会計時、注文を取りに来たお姉さん「カツが食べたかったのに、えびにしてくれたのよねえ、ごめんねえ」私「いえいえ、お値打ちに美味しいのがいただけました。ありがとうございます」やっぱり最初はカツが食べたいのがバレていたようですね。顔に出ていたのだな。

小さなお客さまが元気に注文していた「唐揚げ」が気になりますので、また来てみたいと思います。どうもごちそうさまでした!

以下、食べログ店舗情報です。

関連ランキング:懐石・会席料理 | 尼ケ坂駅森下駅清水駅